1972年6月25日、静岡県島田市生まれ。藤枝東高校卒業。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。株式会社ライトパブリシティにてグラフィックデザイナーをやったのち、フリーのCMディレクターになる。

CMの仕事をしながら、2001年より短編映画を作り始める。作り始めた当初は、撮影から音関係、完パケまで全て1人でやっていた。その集大成が『TEXTSIM』。その『TEXTISM』(2003)が、イメージフォーラムフェスティバルで大賞受賞。

その後、CMの仕事をやっているスタッフたちと短編映画を作り始める。35mmフィルムで撮影した『HELMUT』(2003)が、タイ短編映画祭でグランプリ受賞。オーディションを舞台にしたコメディ作品『ドロン』(2006)が、釜山アジア短編映画祭、グラナダ国際短編映画祭でグランプリを受賞。文化庁委託事業(NDJC・若手映画作家育成プロジェクト)で作った『BABIN』(2008)が、ロカルノ国際映画祭で審査委員賞と学生審査員賞のW受賞。

2006年、書き下ろした長編映画のシナリオが、サンダンス・NHK国際映像作家賞の日本代表の3本に選ばれる。

堀部圭亮さんの1人芝居、セリフ無し、25分1カットの作品『aramaki』(2009)が、ベルリン国際映画祭・短編部門にノミネート。同じ年、『Shikasha』(2010)が、カンヌ映画祭監督週間にて招待上映。東日本大震災の直後に作った短編アニメーション作品『663114』(2011)がベネチア国際映画祭での上映が決まり、世界3大映画祭すべてでの上映を果たす。

『663114』はベルリン国際映画祭 Generation14plus部門で特別表彰を受賞。さらに毎日映画コンクール・大藤信郎賞も受賞。

『663114』(2011)、『NINJA & SOLDIER』(2012)、『SOLITON』(2013)と、3年連続でベルリン国際映画祭 Generation14plus部門で上映される。

2012年4月から幼児向けTV番組『しまじろうのわお!』の総合演出もつとめる。『しまじろうのわお!』は、世界で最も権威のあるTV賞と言われている国際エミー賞にノミネート、エミー賞と共に4大TV賞に数えられているバンフワールドメディアフェスティバルにもノミネート。ドイツ・ハンブルグで開催されるワールドメディアフェスティバルでは、Pre-school部門金賞、教育部門の最高賞であるグランド・アワード受賞。

『しまじろうのわお!』は、2013年より劇場版しまじろうのわお!として映画化され、番組同様、実写パートとアニメーションパートの共存する映画となっている。劇場版しまじろうのわお!では、初回から総合監督を務める。第3弾『しまじろうとおおきなき』は、San Diego Kisd Film Festivalにて、最優秀アニメーション映画賞を受賞。

CMディレクターとしては様々なジャンルのCMを演出。カワイイものから骨太なものまで手がける。